Open AI(ChatGPT)のアカウント&API Keyの作り方

Open AIのAIチャットボット「ChatGPT」が話題です。

開発者向けにChatGPTのAPIを利用するためのアカウントを作成とAPI Keyの取得方法をまとめておきます。

Open AIのアカウントの作成手順

事前準備

以下が必要なのであらかじめ準備しておきます。

  • クレジットカード
    Freeアカウントで$5使えますが、今回はクレジットカードを登録します。
  • SMSが受け取れる電話番号
  • Googleアカウント

ポイント

メールアドレスやMicrosoftアカウントでも作成できますが、今回はGoogleアカウントを使って作成します。

広告

アカウントの作成

Open AIのサイトを開いて、「Sign up」をクリックスします。

[st-card-ex myclass=”” url=”https://platform.openai.com/overview” target=”_blank” rel=”nofollow” thumb=”” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

「Continue woth Google」をクリックする。

Googleアカウントを選択する。

氏名を入力して「Continue」をクリックする。

電話番号を入力して、「Send code」をクリックする。

携帯に届いたコードを入力して認証をします。

アカウントが作成され、以下のようなページが表示されます。

これでアカウントの登録は完了です。

ログアウトしてしまったら、サイトからログインをしてください。

[st-card-ex myclass=”” url=”https://platform.openai.com/overview” target=”_blank” rel=”nofollow” thumb=”” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

請求情報(クレジットカード)の登録と上限額の設定

次に請求情報の登録と上限額の設定を行います。

広告

請求情報の登録

右上のアカウントをクリックしてリストの「Manage account」をクリックします。

サイドメニューの「Billing」→「Overview」で「Billing overview」画面を開き、「set up paid account」をクリックします。

個人利用なので「I’m an individual」をクリックします。

カード番号や請求先住所などを入力して「Set up payment method」をクリックします。

上限額の設定

ポイント

APIはリクエスト単位で従量課金でデフォルトだと$120(130円/$と仮定すると15,600円)で上限が設定されています。

不要な課金を避けるために$1に上限を変更します。

上限を超えるとリクエストを受け付けなくなりますが、個人で検証なら十分です。

「Using limits」をクリックします。

図のように「Hard limit」を$1、「Soft limit」を$0.5に変更し「Save」をクリックします。

ポイント

Soft limitは設置額を超えると警告される金額です。

以上で請求関連の設定は完了です。

API Keyの発行

「Manage account」のサイドバーにある「API Keys」をクリックします。

「Create new secret key」をクリックします。

ポップアップで表示されたKeyをテキストなどにコピペします。

ポイント

ポップアップを閉じてしまうと、Keyは確認出来なくなるので注意。閉じてしまったら新しいKeyを作成する。

これでAPI Keyの作成は完了です。AIPではこのKeyを使えばOKです。

利用状況の確認

おまけで利用状況の確認方法も載せておきます。

「Manage account」のサイドバーにある「Usage」をクリックすると日別の利用状況と、上限までの残などを確認できます。